MOVIE|ボケたふりしても、君に愛を伝えたい『43年後のアイ・ラヴ・ユー』

0
52
views

人生最大の“嘘”が、2人にある“奇跡”を起こす!

43 年後にはじまる、最高のラブストーリー、ヒッチコック、タランティーノなど数々の巨匠監督に愛されるハリウッドの名優、ブルース・ダーンの最新作『43年後のアイ・ラヴ・ユー』が、1月15日(金)より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開となる。

一歩踏み出せば、人生はいつでも輝き出すとこの映画は教えてくれる。かつての恋人にもう一度「愛してる」と伝えるため、アルツハイマーのフリをするという一世一代の嘘を思いつく主人公クロード。記憶を失っていても、クロードの純粋な想いにどこか懐かしく特別な気持ちを感じるリリィ。クロードの人生最大の嘘は、やがて2人にある奇跡を起こす―。愛を伝えるのに遅すぎることはない。本作は、諦めなければ人生はいつでも輝きだすと教えてくれる、感動のラブストーリーである。

https://movies.shochiku.co.jp/43love/

カンヌ国際映画祭主演男優賞を史上最年長で受賞、アカデミー賞&ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞にダブルノミネートされた『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』以来、初のブルース・ダーンの主演作。3ヶ国の実力派スタッフが集結し、スペイン、アメリカ、フランスを横断して撮影され、愛を伝えるのに遅すぎることはないと教えてくれる、感動の物語。

本編映像では、御年84歳の名優ブルース・ダーンが、70歳のクロード役で見事にボケた様子を演じ切るユーモアたっぷりの演技は見もの。

昔の恋人のリリィがアルツハイマーを患い施設に入ったことを知ったクロード(ブルース・ダーン)は、もう1度リリィと会うため親友のシェーンの反対を押し切り、アルツハイマーのフリをして同じ施設に入居するという奇策を計画する。やっとの思いで面接を受けることに成功するが、クロードはうまく面接官の目をごまかし入居することができるのか…?

マーティン・ロテセ監督は、「私はとても幸運でした。ブルース・ダーンとはずっと一緒に仕事をしたいと思っていて、今回はアルツハイマーのフリをするという難しい役を見事に演じ切ってくれました。初めはブルース・ダーンやブライアン・コックスなどの大物俳優をキャスティングすることに多少の不安がありました。しかし素晴らしい俳優達のおかげで、みんなと最後まで一体となってこの作品を作り上げることができました。」とキャスティング秘話を話している。

また、大人気TVシリーズ「メディア王~華麗なる一族~」でゴールデン・グローブ賞主演男優賞を受賞した名俳優のブライアン・コックス(親友役)と、スペインのアカデミー賞と称されるゴヤ賞主演女優賞のベロニカ・フォルケ(面接官)との豪華共演シーンでもある。

STORY
70歳のクロードは妻を亡くし、LA郊外に一人で住む元演劇評論家。親友のシェーンと老後を謳歌していた。ある日、昔の恋人で人気舞台女優のリリィがアルツハイマーを患わせて施設に入った事を知る。もう一度リリィに会いたいと願ったクロードは、アルツハイマーの《フリ》をしてリリィと同じ施設に入居するという一世一代の《嘘》を思いつく。シェーンの協力のもと、遂にリリィと念願の再会を果たしたクロード。だがリリィの記憶からクロードは完全に消し去られていた―。そんなリリィに、クロードは毎日のように二人の想い出を語りかけるのだった。ある日、昔リリィが演じたシェイクスピアの「冬物語」を施設で観る事になり、クロードは孫娘と一緒にある作戦を実行する。

43年後のアイ・ラヴ・ユー
公開日 :2021年1月15日(金)
公開情報 :新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷
公式サイト :https://movies.shochiku.co.jp/43love
監督・脚本:マーティン・ロセテ『カネと詐欺師と男と女』
出演:ブルース・ダーン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』、カロリーヌ・シロル『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』、ブライアン・コックス「メディア王~華麗なる一族~」シリーズ

2019年/スペイン・アメリカ・フランス/英語/89分/スコープ/カラー/5.1ch/日本語字幕:星加久実
原題:Remember Me
© 2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.

Leave a Reply