MOVIE|ぱっと咲いてやがて散っていく、誰もが通り過ぎたことがある共感度100%の恋愛映画『花束みたいな恋をした』公開

稀代の脚本家・坂元裕二が、菅田将暉、有村架純と共に打ち上げる、今世紀最強のラブストーリー『花束みたいな恋をした』が2021年1月29日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国ロードショー。

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

脚本家・坂元裕二が、「今、この瞬間」を生きるすべての若者へ贈るラブストーリー

「東京ラブストーリー」(91)、 「Mother」(10)、 「最高の離婚」(13)、 「Woman」(13)、 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16)、 「カルテット」(17)、 「anone」(18)など、各時代において連続ドラマの金字塔を数多く手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、2020 年の東京を舞台に、今この瞬間を生きるすべての若者へ贈るため書き下ろした『花束みたいな恋をした』。坂元裕二が映画でラブストーリーの脚本を手掛けるのは『世界の中心で、愛を叫ぶ』(04・共同脚本)以来であり、オリジナルとしては初作品となる。

主役を演じるのは、時代を象徴しながらその先端を拓いていく二人の実力派俳優、菅田将暉と有村架純。執筆段階から坂元が主役に想定していたという二人による〈初のダブル主演〉が見事に実現した。

監督を担うのは、 『罪の声』 の公開も近い土井裕泰。 『いま、会いにゆきます』(04)、 『ハナミズキ』(10)、 『映画 ビリギャル』(15)など多くの大ヒット映画を手がけてきた土井は、ドラマ「カルテット」で坂元と組んで以来、映画では初のタッグとなった。

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く、2021 年ラブストーリー決定版!

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山やま音ね 麦むぎ(菅田)と八はち谷や 絹きぬ(有村)。その夜から始まる二人の恋の5年間の行方を坂元による唯一無二のセンスで紡いでいく本作。恋したとたん日常が突然に輝き出して、このまま二人でずっと一緒にいたいと何度も思いながら、いくつもの季節を共に過ごす麦と絹。二人の物語は、わたしたち誰もが思い出す〈恋する月日のすべて〉を描いていく本作。

好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始め、拾った猫に二人で名前をつけたり、二人で就職活動を続けたり、淡々と幸せな日々が綴られていく。

やがて就職を機に少しずつすれ違っていって──。猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く。

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

「上の世代が観ると懐かしさを、若い世代にとっては新しさを感じられるような、幅広い世代に届く深みのあるラブストーリーだと思ったので、それを空間や世界観の表現につなげることに一番重点を置いた」と言う美術スタッフが言うように、二人が住む家やインテリア、音楽、漫画、小説すべてがどの世代が見ても違和感なく共感できる作品に仕上がっている。

「花束みたいな恋」とは?

2020 年で終わりを迎えるこの物語は、2020 年初めの東京で撮影された。撮影を終えた主演の菅田と有村は二人とも「こんなにオーソドックスなラブストーリーを演じたことはなかった」と口にしたが、奇しくも世界はそれがオーソドックスではない局面をむかえている。誰もが青春の一ページで通り過ぎるような恋愛の、それゆえの酸いも甘いも引っくるめた、ありふれた尊さ。今を生きる一人の若者として、そんな体験や感覚を分かち合えるラブストーリーを生きた喜びを、二人はそれぞれにこんな言葉で締めくくっていた。

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

「長い人生の中で何回もある恋愛のうちの一つ、ぐらいの感覚を意識していました。変に特別扱いして、絹と麦を「映画の主人公」にするのではなく、そのへんに紛れているような普通の男女にしたかった。もちろんたまには相手を思い出す瞬間もあるだろうけど、その先も人生は続いていく。だからこそ、二人の時間を特別扱いしてしまうのは、逆に勿体無い気がするんです」(菅田)。

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

「大恋愛だったと思います。自分の好奇心だけで行動できた年齢から少しずつ大人の女性に近づいていく、子供のような大人のような繊細な時期を麦と共に過ごしたことは、絹にとって一生心に残る恋愛になったと思う。だからその恋愛がどんな結末を迎えたにせよ、人生においておそらくものすごく幸せな時間として、絹の中には残っていくんだろうなと思います」(有村)。
※プレス資料より引用

©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

STORY

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音やまねむぎ (菅田将暉)と 八谷はちやきぬ (有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…。まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。最高峰のスタッフとキャストが贈る、不滅のラブストーリー誕生!
──これはきっと、私たちの物語。

『花束みたいな恋をした』

https://hana-koi.jp/
公開日| 2021年1月29日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか、全国公開
脚本:坂元裕二 監督:土井裕泰
出演:菅田将暉 有村架純/清原果耶 細田佳央太/韓英恵 中崎敏 小久保寿人 瀧内公美/森優作 古川琴音 篠原悠伸 八木アリサ/押井守 Awesome City Club PORIN/佐藤寛太 岡部たかし/オダギリジョー/戸田恵子 岩松了 小林薫
©️2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

Related Posts

Comments

コメントを残す

Stay Connected

100ファンいいね
1,000フォロワーフォロー
100フォロワーフォロー
spot_img

Recent Stories