April21 , 2021

    着物散歩|27日まで「和キルト×百段階段2020 ~世界と未来へ~」@目黒雅叙園

    Related

    CHANEL|夏をさわやかに過ごすために。シャネルの「ココ マドモアゼル」限定サマーコレクション誕生!

    CHANEL(シャネル)の人気フレグランス「ココ マドモアゼル」が夏時間に切り替わる。2つの限定アイテム「ココ マドモアゼル ロー ミスト」、「ココ マドモアゼル ル ジェル」が、2021年5月7日(金)より発売される。

    春の外出のお供にルイ・ヴィトンのクロスボディバッグを!|LOUIS VUITTON

    LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)から、スポーティなクロスボディバッグの新作「ユーティリティ·クロスボディ」が発売された。

    スリーから、うるおいで満たすスパ発想の美容液シートマスク誕生|THREE

    THREE(スリー)スキンケアのベーシックラインである〈バランシング〉ラインから肌を本来あるべき姿へと導く、 日本の温泉から着想を得た「スパ発想」のシートマスクが誕生。「BALANCING SPA SHEET MASK」が2021年3月26日(金)より発売。

    からだも顔もすっきりきれいに魅せたいあなたに、アユーラの大人気UVジェル|AYURA

    AYURA(アユーラ)大人気UVジェルの、限定アイテムが誕生!光の反射で立体感が生まれる、みずみずしいSPF50+「アユーラ ウォーターフィールUVジェルα プリズム」を2021年4月1日(木)より限定発売。

    Stella McCartney|ステラ マッカートニー2021年ウィンター コレクション

    ロンドンのテートモダン(Tate Modern)で発表されたステラマッカートニー2021年ウィンターコレクションのテーマは「フリーダム、アート、セレブレーション」。

    Share

    今年のクリスマスはお着物でお散歩はいかがでしょうか。お着物散歩にお勧めの場所を編集部からお届けいたします。目黒のホテル雅叙園東京にて、12月27日まで日本独自の「和キルト」や「つまみ細工」と百段階段が融合した美の世界「和キルト×百段階段2020 ~世界と未来へ~」が開幕中です。

    日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京にて今年で4回目となる「和キルト×百段階段2020」が東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催中。

    今回のテーマは「世界と未来へ」。和のキルトコンクール入選・入賞作品32点や、グループキルト・ミニキルトの公募作品 100点以上など多彩なラインナップで迎えてくれる。45名の作家による新作を含む合計220点以上の作品は圧巻の一言!作品は大きいもので約2メートル角、ミニキルトは30センチ角と、さまざまなサイズの作品が展示されています。

    また、ハンドメイドに注目が集まり、手芸ブームが高まっていることもあって、和キルト同様に人気のある「つまみ細工」も約60点展示される。招待作家による作品は、1.6メートルから2メートルにも及ぶ大作や、衣桁にかける1.5×1.2メートルサイズに加え、床の間ごとにフリースタイルで表現された作品が並ぶ。

    日本が誇る文様や色彩、古布などの素材を活かしたもののほか、ジョーゼットやオーガンジーなど洋素材を使用し表現した作品などさまざまな技術と感性をご覧いただき、色彩やデザイン以外に、パッチワークキルトならではの細かなステッチの1つ1つに酔いしれて欲しい。

    先行見学会に訪れた方からは
    「絢爛豪華な文化財の空間との美の共演が圧巻」
    との感想も。

    ホテル雅叙園東京には、他にも素敵な庭園や和食など至る所に「和」の空間が敷き詰められている。ぜひ、クリスマスはお着物でこの場所でしか見られない展示を体感して欲しい。見所満載の「和キルト×百段階段2020」は、2020年12月27日(日)まで開催。

    「和キルト×百段階段2020」開催概要
    展覧会名 : 和キルト×百段階段2020
    開催期間 : 2020年12月5日(土) – 2020年12月27日(日)※会期中無休
    開催時間 : 10:00~17:00 (最終入館16:30)
    入場料      : 当日 1,600円、大学生・高校生 1,000円、中学生・小学生 600円 ※要学生証提示、未就学児無料
    会  場   : ホテル雅叙園東京内 東京都指定有形文化財「百段階段」
    お問合せ : 03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
    URL: https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wakiruto

    パッチワークキルトとは、布と布の間に薄い綿を入れて重ねた状態で刺縫いされた厚めの布地のこと。日本に伝わって約40年余年となります。日本の伝統文化や風土と融合して誕生した「和キルト」は、パッチワークキルトの手法に、着物や縮緬、古布などの和布を用いたり、風物、色彩、文様さまざまな日本の美を表現した作品を指し、今では日本国内だけでなく海外でも広く認識され高い評価を受けています。昨今では、新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が増えたほか、マスクをはじめとするハンドメイド需要も高まり、ミシンの販売が前年を上回るなど手芸ブームの高まりとともに、さらに愛好家が増えることが予想されています。

    「和キルト×百段階段2020」開催概要
    展覧会名 : 和キルト×百段階段2020
    開催期間 : 2020年12月5日(土) – 2020年12月27日(日)※会期中無休
    開催時間 : 10:00~17:00 (最終入館16:30)
    入場料      : 当日 1,600円、大学生・高校生 1,000円、中学生・小学生 600円 ※要学生証提示、未就学児無料
    会  場   : ホテル雅叙園東京内 東京都指定有形文化財「百段階段」
    お問合せ : 03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)
    URL: https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wakiruto
    主  催    : ホテル雅叙園東京
    協  力    : 公益財団法人日本手芸普及協会、株式会社ヴォーグ学園、オリムパス製絲株式会社、金亀糸業株式会社、クロバー株式会社、蛇の目ミシン工業株式会社、JUKI販売株式会社、双日ファッション株式会社、髙田織物株式会社、匠大塚株式会社、ディー・エム・シー株式会社、株式会社ナカジマ、株式会社日本ヴォーグ社、株式会社フジックス、ブラザー販売株式会社、株式会社ベステック、株式会社ヘビーロック、ベルニナ合同会社、株式会社moda Japan、有輪商店株式会社
    販売窓口  : [店頭]ホテル雅叙園東京 および本展公式ホームページ内オンラインチケット
    https://www.e-tix.jp/100event/
    ※オンラインチケットでは、通常の入場券のほか、優先的にご入場いただける日時指定券もお求めいただけます。

    ※新型コロナウイルス感染予防を目的として、混雑緩和のため入場制限を行います。一定数になりましたらお待ちいただく場合があります。また、検温やマスクの着用、手洗いや手指の消毒など見学に際してご協力をいただいています。詳しくは、公式ホームページをご確認いただきますようお願い申し上げます。
    https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou

    新型コロナウイルス感染予防に対する当ホテルの取り組みについてはこちら
    https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/51786

    「百段階段」ご見学のお客様に対する取り組みについてはこちら
    https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou#qa00


    ホテル雅叙園東京とは
    90年以上の伝統を受け継ぎ、2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られた唯一無二のミュージアムホテルです。茶室に見立てた全60室の客室は、80 ㎡以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバスを完備し、シンプルさと日本の気品ある美しさを兼ね備えています。もてなしの心を継承する日本料理や中国料理、イタリア料理など7つのレストラン、日本美の粋を尽くした和室宴会場をはじめとした23の宴会施設、そして東京都指定有形文化財の「百段階段」を有しています。
    また、世界80カ国、520軒を超える独立系の小規模なラグジュアリーホテルだけで構成された「Small Luxury Hotels of the World(SLH)」、および世界的なラグジュアリーツーリズム・コンソーシアム「Traveller Made®」に加盟しています。
    URL:         https://www.hotelgajoen-tokyo.com/
    Facebook: https://www.facebook.com/gajoen/
    Instagram: https://www.instagram.com/hotelgajoentokyo/


    東京都指定有形文化財「百段階段」とは
    1935年(昭和10年)に建てられた、ホテル雅叙園東京で現存する唯一の木造建築です。「百段階段」とは通称で、斜面に沿って建築された7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。それぞれの部屋は、担当した画家や建具師、塗師など熟練の職人達が技術の粋を集めて装飾しており、江戸時代から伝わる伝統的な美意識と昭和初期のモダニズムが息づいています。2009年(平成21年)3月、東京都の有形文化財に指定されました。

    spot_img