Christian Louboutin|クリスチャン ルブタン × サビヤサチのカプセルコレクション誕生!

Christian Louboutin|クリスチャン ルブタン

0
590
views
PEEP TOSACHI MULTI/BRONZE 232,000 (税抜)

ランスが誇るラグジュアリーブランド、Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン)から、デザイナー クリスチャン・ルブタンの親しい友人であるインドのクチュールデザイナー、SABYASACHI(サビヤサチ)の手織りのサリーの生地が使用されたウィメンズ・メンズシューズとレザーグッズの、エクスクルーシブなコレクションが誕生した。

“インドの手仕事は世界一です。
インドの職人達のクラフツマンシップの華麗さは、とどまるところを知りません。
インド以外の世界に住む人々にも、私と同じように、その技を愛して欲しいと思っています。”
– クリスチャン・ルブタン

■WOMEN’S

ムンバイで出会い、無限のクリエイティビティー、インド文化や卓越したクラフツマンシップへの崇敬、そして食に対する愛への一致により、2人はたちまち意気投合。

“マハラジャの時代から、インドはラグジュアリーの中心地でした。
クリスチャン ルブタンとのコラボレーションは、
インドのクチュールの伝統を見直し、彼の幅広い視野と我々の手仕事を結びつけ、
様々な文化を融合させるビスポークの喜びを生み出すものでした。”
– サビヤサチ

2015年6月に初めてムンバイで毎年開催されるサビヤサチ クチュール ショーのため、特別なシューズをデザインし、翌年2016年10月にも、シューズに加え、いくつかのハンドバックをデザイン。

その後、サビヤサチのホームタウンであるコルカタに招待されたルブタンは、サリーとリボンを目にする機会を得て、これほど美しいものたちを、暗闇の中に閉じ込めておかなければならないなんて悲しく感じ、「シューズに刺繍としてあしらって、明るい光の中でダンスを踊らせるのはどうだろう︖」 と考えたのが今回のカプセルコレクションのきっかけとなった。

当初、ほとんどのサリーの生地やリボンは希少なため「この素材と同じものは、二度と作れないからほんの少しのシューズにしかならないと思う。」と、サビヤサチは放ったが、「たった2足しか作れなかったとしても、こんなにも美しいものをくすぶらせておくよりはずっと良いよ。」とルブタンは答えた。

こうして2人は、インドの壮麗な布地と豊かなクラフツマンシップとともに、この美しさをインドから世界へと発信することを決めた。数多くあるウィメンズ シューズの中で、今回のコレクションがフィーチャーしたのは、脚を美しく惹きたてながら支える繊細なレザーストラップを備えた優雅なサイハイブーツを含む、ほんの数種類だけ。特に、その外見にふさわしく「Tall and Deep」と名付けられたブーツは、世界でもほんの数足しか製作出来ないオーダーメイドシューズ。

TALL & DEEP PLATINE & RED 387,000 (税抜)
メイド・トゥ・オーダー

男性向けには、ルブタンが自らのコレクションの中からアイコニックなデザインをセレクト。「Dandelion」のつま先には、サビヤサチによってインドの伝統的なウェディングシューズを想わせる素晴らしい刺繍が施され、「Louis Junior」にはモチーフやカラーに溢れた素晴らしくリッチなパッチワークがあしらわれた。

彼らのクリエイティブなコラボレーションを究極的に現すものとして、ルブタンは2人のデザイナーだけが、魔法にかけられた美しいインド人女優を解き放つ力を持つというあらすじのエンターテインメント作品である、“Deep Sleep for Beauty”というグラフィックノベルを生み出した。この物語は、本コレクションのために作られた特別なシューズボックスにシューズと共に納められる。また、クリスチャン ルブタン公式サイトでも公開中。

■MEN’S

「サビヤサチ カプセルコレクション」は、生産数もごくわずかなため世界の限られた8店舗のみでの発売。国内では、11月9日(木)より青山店限定で購入可能。

■国内販売店舗
青山店

■他、海外販売店舗
IFC店、上海
レーン クロフォード IFC店、香港
ジャン ジャック ルソー店、パリ
ハロッズ店、ロンドン
レベル店、ドバイ
バーグドルフグッドマン店、ニューヨーク
ロバートソン店、ロサンゼルス

サビヤサチについて
サビヤサチは、世界中の数多くのセレブレティやボリウッドスターを顧客に持つことだけでなく、インド独自のクラフツマンシップの育成への取り組みでも知られる、インドで最も影響力のあるデザイナーの1人。彼のクリエイティブのフィロソフィーは、“手仕事の不完全さ”への愛。1999年に3人のスタッフと共に立ち上げたブランドは、彼が“ピープル・ツリー”と呼ぶ、今の企業へと成長を遂げた。彼のもとにはインド全土から、男女を問わず腕利きの職人たちが集まり、昔ながらのテキスタイルの伝統を、現代的な視点で蘇らせる手法に定評がある。


問い合わせ先
クリスチャン ルブタン ジャパン
Tel. 03-6804-2855
http://www.christianlouboutin.com
Twitter: @LouboutinWorld
Youtube: @LouboutinWorld
Facebook: @ChristianLouboutin
Instagram: @LouboutinWorld
YouTube: ChristianLouboutin
Weibo: @ChristianLouboutin官方微博,
Tudou: @LouboutinWorld
Youku: @LouboutinWorld


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here