MOVIE|そのチャーミングで切ない感動に全米が魅了、5週連続Top10入り大ヒット『gifted/ギフテッド』

『gifted/ギフテッド』|注目の新星マッケナ・グレイス

0
427
views

『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったMarc Webb(マーク・ウェブ)監督が再びFOXサーチライト・ピクチャーズからお届けする、『クレイマー・クレイマー』『アイ・アム・サム』などのハリウッドの名作に名を連ねる、
ハートウォーミング・ファミリードラマの傑作となる『gifted/ギフテッド』が11月23日(木・祝)より公開中。

演は『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズでの全世界的な成功の傍ら、本作で俳優としての真価を存分に発揮しているクリス・エヴァンスと、本作をきっかけにそのチャーミングな魅力とファッションセンス、そして観客を魅了する高い演技力で現代最高の子役スターの座に上り詰めた、大注目の新星マッケナ・グレイス。

いまハリウッドで話題沸騰中の天才子役マッケナ・グレイスが本作で演じたのは天才的数学の才能を持っていることで、とても大人びた性格を持つ7歳の少女メアリー。劇中では慣れない学校生活に終始イライラした様子を見せているメアリー、たった7歳の子どもとは思えないほどクールな表情を纏い、周りの子どもたちと一風変わった存在感を放っているマッケナ!天才子役と呼ばれるにふさわしい堂々としたマッケナの演技力に圧倒される。

メアリーを演じたマッケナは撮影中どんな時でも”怒り”の表情に対応できるよう監督を務めたマーク・ウェブと合言葉を作った。「『ペーパー・ムーン』の中にテータム・オニール演じるいつもイライラして怒っている女の子がいるのだけれど、私がシーンの中で怒らないといけないときは、必ずマークが”メアリー、ペーパー・ムーンだよ”って言うの。それは私に対しての「もっと怒れ」という意味で、そんな暗号のようなものを使って撮影をしていたわ!」と撮影を振り返ってコメント。

一方、マークはマッケナについて「子役との仕事は難しいことも多いんだけど、彼女の場合はとにかく本当に才能豊かな女優であるという気持ちを強く感じたよ。この役は色々な感情を出すことが必要だったけどどれも上手くやってくれたし、彼女の心の底にある深い感情を出す才能は本当に素晴らしい。彼女無しではこの映画は作れなかったと言っても過言ではない。」と大絶賛。その演技力の高さから世界中から期待の目を向けられているマッケナ。そんな彼女のとびきりキュートな魅力と女優としての可能性を存分に堪能することが出来る本作に是非注目してほしい。

また、彼らを温かく見守る教師役として、コメディエンヌとして高い人気を誇り、実生活でのクリス・エヴァンスとのロマンスも話題となったジェニー・スレイト、彼らに立ちはだかる厳格な祖母役として『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『アバウト・タイム 愛おしい時間について』のリンゼイ・ダンカン、さらにフランクとメアリーを常にサポートする隣人としてアカデミー賞(R)助演女優賞受賞の名女優オクタヴィア・スペンサーが脇を固める。

予告編だけでも泣ける、と言われる『gifted/ギフテッド』は、11月23日(木・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー。

【STORY】
フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図る。フランクには亡き姉から託されたある秘密があった。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

『gifted/ギフテッド』
公開日|11月23日(木・祝) 全国ロードショー
原題・英題|GIFTED
監督|マーク・ウェブ
出演|クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、リンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー
(C)2017 Twentieth Century Fox
http://www.foxmovies-jp.com/gifted/

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here