MOVIE|12月は「大泉 洋」祭り! すべての映画ファンに捧げる『探偵はBARにいる3』

『探偵はBARにいる3』

0
504
views

2011年、ススキノを縦横無尽に駆け回る探偵の活躍を、ハードボイルドに紡いだ気鋭ミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵」シリーズを原作にした映画『探偵はBARにいる』。【探偵】大泉洋と、【その相棒】松田龍平のタッグは唯一無二の存在感を発揮し、映画史に残る名コンビとして幅広い世代の心をつかみ、すぐさま続編の制作が決定。誰もが次作を待ち望む人気シリーズとして、確固たる地位を築いた。そして前作から4年の時を経て、俳優としてさらなる飛躍を遂げた2人が、ついにススキノに帰って来る! 注目のニューヒロインには、映画、ドラマと幅広く活躍する北川景子。ひれ伏したくなるような絶対的な美しさと、時折見せる子供のような無邪気さで、探偵の心を激しく惑わせる。更に、前田敦子、鈴木砂羽、リリー・フランキーら豪華新キャストが続々集結。人気シリーズに容赦なく新風を吹き込んでいく。

この映画の見所は人情劇とそのアクションシーン。わざと少しスローモーションをかけ、当たった時の衝撃の大きさを画で表現している。毎回、喧嘩が始まれば「高田くぅーん」と頼れば助かるところが、今回は志尊淳演じる波留に苦戦状態。札幌経済界のホープともてはやされる、北城グループの社長 北城仁也役のリリー・フランキーも期待を裏切らないドSぶりが作品の中での緊張感をMAXに。もちろん、探偵の行きつけの喫茶店“モンデ”の看板娘 峰子はじめ超ド級のキャラクター達も健在。

変わらぬ街。変わらぬ2人だったはずなのに…シリーズ3作目にしてついに訪れる探偵と高田の“別れ”……!? 探偵史上最も切ない過去を背負う依頼人は、予想だにしない方向へ2人を誘(いざな)っていく。探偵を執拗に狙う、人の心を持たないサディスティックな悪魔。無敵を誇った高田を倒す、ありえない強者の出現。少しずつ狂い出した、探偵と高田の歯車。そして“最後の事件”は、衝撃のクライマックスに向けて走り出す!

最後の事件。すべての【真相】は、あまりにも切なすぎた——。

STORY
「恋人の麗子を探してくれませんか?」。高田の後輩のありふれた依頼を引き受けた探偵は、麗子の所属するモデル事務所のオーナー・マリに遭遇、微かな既視感を覚える。その直後、探偵はマリの手下に襲われ、これまで無敗を誇った高田も倒される。だが調査を進めるうちに、モデル事務所は売春組織であり、麗子らしき人物が殺人事件に関わっていた情報をつかむ。背後に浮上する北城グループ。代表の北城はススキノ裏社界では“最悪のサディスト”と云われる男。マリは北城の情婦だった!探偵は不意に思い出す——生きる希望を失い、雪の中で倒れていた女——「あれか、あれがマリだったのか…?」

巨額の薬物取引、2つの殺人事件、緊張が走る裏社会——敵か味方か? マリに翻弄される探偵。やがてマリは探偵に最初で最後の依頼をする——同時に、探偵と高田、別れへのカウントダウンが始まるのだった——。

探偵はBARにいる3
出演|大泉 洋 松田龍平 北川景子
原作|東 直己 「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)
脚本|古沢良太 音楽|池 頼広 監督|吉田照幸
公開日|2017年12月1日
http://www.tantei-bar.com/
(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here